失敗しない美容室でのヘアスタイルオーダー方法とは

 

gf2160144571m

 

 

美容室、特に始めてのお店に行ったとき誰しも考えるのは失敗をしたくないということではないでしょうか。たとえば自分の希望していた以上に髪の毛を切られてしまったり、想像していたのと全く違うカラーにされてしまう、という取り返しのつかない失敗は何としても避けたいのが正直なところです。そのためには、自分の希望のスタイルを明確に美容師に伝えるオーダー方法が必要となってきます。明確に伝えることが重要となるため、曖昧さのある表現は避けるのが賢明です。たとえば芸能人の誰々のスタイル、などと口頭で伝えてしまうと、お互いに思い描く髪型が自分と相手で全く異なる、ということが起こりかねません。そういった誤解を避ける意味でも、口頭で伝えるのでなく雑誌等を持参したり、美容室に置いてあるカタログの中でイメージに近いものを示すのが双方にとって便利となります。特にカタログだと前方だけでなく、横や後方からの写真が掲載されているものがあるので、より自分の希望するスタイルを明確に伝えられ、また美容師側としてもそのスタイルを再現しやすくなります。カタログが準備できない場合でも、たとえば前髪は短くしたくない、など自分の中でのNG項目をはっきり伝えると失敗は回避しやすくなります。

 

美容室でのオーダーで失敗しないためには伝わりにくいオーダーを

 

しないということです。抽象的なオーダーをしてしまうと曖昧なイメー

 

ジでカットされてしまうのです。抽象的なオーダーだと自分で抱いて

 

いるイメージと相手の抱いているイメージが違う可能性があります。

 

適当にカットされてしまうと納得がいかない出来になってしまうので

 

す。芸能人の髪型にしてほしいときにはしっかり写真を持っていくこ

 

とが大切です。芸能人は頻繁に髪型に変えるので、人によって芸能

 

人の髪型のイメージというのも違います。写真を持っていくことで誰

 

にでも同じ髪型を伝えることができるのです。抽象的なオーダーだと

 

それぞれが連想する髪型というのが違います。人それぞれ好みとイ

 

メージが違うので、人によって自分が想像している髪型と全く違う髪

 

型にされてしまう可能性があるのです。写真を持参していくと簡単に

 

イメージを伝えることができますが、言葉で説明する場合はより細か

 

くオーダーすることで失敗を回避することができます。長さをはっき

 

り伝えることはもちろんですが、段差を入れるのか髪の毛全体を同

 

じ長さに整えて重さを出すのかということは重要なポイントです。

 

自分のなかでイメージがかたまっている場合は細かく説明すること

 

が必要です。