具体的なジャンルをまずは伝えること

 

 

失敗しない美容室でのヘアスタイルオーダー方法は、まず具体的なジャンルを伝えるということです。キュートやクール、セレブなどより詳しく伝えると美容師は客の要望がつかみやすくなるのです。細かいヘアスタイルの説明をされても全体のイメージをつかむことができなければ理想通りのヘアスタイルにすることはできません。同じヘアスタイルでも雰囲気が変わると全く違う髪形になってしまうのです。また美容室に行くときにはファッションを手を抜かないということも大切です。美容師は客がどのようなファッションをしているのかということをよく見ています。

 

客のファッションを見ることでその人の好みを知ることができるのです。髪の毛を切りにいくだけだからということで普段と違う気の抜いたファッションをしていると、そのようなファッションが好みだと勘違いされています。そのファッションに合うヘアスタイルにされてしまうのです。美容師はいろいろなところから相手の好みを探して、それに近づけるようにヘアスタイルを完成させていきます。キュートなヘアスタイルにしたい場合は、施術がはじまる前にキュートなイメージでということを伝えることで美容師はイメージを膨らませていくのです。